金利が高め

金利が高め

消費者金融を利用するにあたってのメリットをいくつか紹介してきました。いろいろなメリットがあることを知ってもらえたことでしょう。
しかし、消費者金融の利用はメリットだけではありません。メリットがあるところ、どうしてもデメリットも存在してしまうのです。
消費者金融を確実に正しく利用するためにはメリットだけでなく、デメリットも知っておきましょう。

 

消費者金融のデメリットと言えば「金利の高さ」ですね。
銀行でお金を借りる場合よりも金利が高いことが多いです。

 

家を購入した場合、銀行でローンを組むと必然的に団体信用生命保険というものに加入します。
世帯主が死亡した場合、残りのローンを団体信用生命保険から支払うという制度です。車のローンの場合は車自体が担保となることもあります。
そういった風に保障や担保を確保することで、住宅ローンやマイカーローンは金利が安く設定できるのです。
ローンの支払い不能となっても、銀行やディーラーは損をすることがありません。

 

しかし、消費者金融の場合は無保証・無担保です。返済不能となれば、ただの貸し倒れとなってしまいます。
消費者金融は、保障がない分金利が高く設定してあるんですね。
返済が長期化すると、想像していた以上の金利が発生する場合があります。
消費者金融でお金を借りる時には、どのくらいの金利を支払うことになるのかを、しっかりとシュミレーションしてから借りるようにしましょう。

金利が高め

消費者金融を利用するにあたってのメリットをいくつか紹介してきました。いろいろなメリットがあることを知ってもらえたことでしょう。
しかし、消費者金融の利用はメリットだけではありません。メリットがあるところ、どうしてもデメリットも存在してしまうのです。
消費者金融を確実に正しく利用するためにはメリットだけでなく、デメリットも知っておきましょう。

 

消費者金融のデメリットと言えば「金利の高さ」ですね。
銀行でお金を借りる場合よりも金利が高いことが多いです。

 

家を購入した場合、銀行でローンを組むと必然的に団体信用生命保険というものに加入します。
世帯主が死亡した場合、残りのローンを団体信用生命保険から支払うという制度です。車のローンの場合は車自体が担保となることもあります。
そういった風に保障や担保を確保することで、住宅ローンやマイカーローンは金利が安く設定できるのです。
ローンの支払い不能となっても、銀行やディーラーは損をすることがありません。

 

しかし、消費者金融の場合は無保証・無担保です。返済不能となれば、ただの貸し倒れとなってしまいます。
消費者金融は、保障がない分金利が高く設定してあるんですね。
返済が長期化すると、想像していた以上の金利が発生する場合があります。
消費者金融でお金を借りる時には、どのくらいの金利を支払うことになるのかを、しっかりとシュミレーションしてから借りるようにしましょう。