借りすぎてしまう

借りすぎてしまう

消費者金融のメリットのひとつが「借りやすさ」です。
あとちょっとお金が足りないといった時に、数万円の単位で借りられるという便利さが消費者金融を利用するにあたっての良いところですね。

 

しかし、この借りやすさがかえってデメリットとなってしまうことがあります。それが「借りすぎてしまう」ということです。
利用限度額の範囲内ならば、1か月の間に何度でも借りることができます。
それぞれ一回の利用は少額であっても繰り返し借りてしまうと、自分では気づかぬうちに多額の借り入れをしている状態に陥ってしまうことがあります。
送られてきた明細書を見て初めてその返済額の多さにビックリした!なんて人もけっこう多くいるものです。
自分でちゃんと借りた金額を把握しておかないと大変なことになります。注意しましょう。

 

また消費者金融における利子の設定も、金額が高いほど低くなるようになっています。
利子の範囲はそれぞれの業者で違いますが、大体4.5〜18%ほどの幅になっています。
「借り入れる金額が多いほど金利は安くなり、少額の借り入れだと金利は高くなる・・・。」
そうなるとどうしても多めに借りたほうがお得な気がしてしまうものです。
ATMで簡単に借りられる便利さも手伝って、ついつい必要以上に多く借りてしまうことも
消費者金融を利用する際に起こりうるデメリットだということを覚えておきましょう。